メニュー
バストにハリ・弾力を出すにはどうしたらいい?

ハリのあるバストは若々しく、美しいという印象を与えます。

そしていつまでも美しいバストというのは自分にとっての自信ともなります。

それでは、バストにハリ・弾力を出して美しくあり続けるためにはどうすればよいのでしょうか?

基本的には、人のバストはハリ・弾力を失うようにできている

「若いころに比べてバストのハリ・弾力が少なくなったように思う」と悩んでいる人は多いものです。

ただこれは、決してあなただけの悩みではありません。

バストのハリ・弾力は、誰でも年を重ねていくことで失われていきます。

程度の差こそあれだれにでも起きる現象ですが、これにはきちんとした理由があります。

コラーゲン生成量の低下

肌のハリ・弾力を作るものとして、「コラーゲン」があります。

クリームなどの「塗るコラーゲン」や、サプリメントなどの「食べるコラーゲン」などとして注目されているコラーゲンですが、もともとは体内に存在する成分です。

コラーゲンは、体内のエラスチン(コラーゲンをつなぐ繊維のようなもの)やヒアルロン酸と協力して、私たちの肌のハリ・弾力を保ちます。

しかしながらこのコラーゲンの生産量は、年を重ねるごとに衰えていきます。

このため、加齢によって徐々に肌のハリ・弾力は失われていくのです。

顔のハリや弾力と同じように、バストのハリ・弾力もまた同じように失われていくのです

閉経によるバストの変化

バストはもともとは「子どもに母乳を与えるための器官」として存在することも、バストのハリ・弾力を失わせる遠因となっています。

女性のバストは、10パーセントの乳腺と90パーセントの脂肪でできています。

この10パーセントの乳腺は、閉経を迎えたころから徐々に脂肪へと置き変わっていきます。

乳腺は母乳を作り出す器官ですから、閉経以降には不要になるからです。

そして「脂肪」は、非常に周囲の組織の変化に敏感です。筋肉ではありませんから、脂肪は硬さを持ちません。

クーパー靭帯と胸筋によって支えられ、バストとしてのかたちを保っているにすぎません。

しかし、クーパー靭帯は左右、上下にバストが揺れることなどで簡単に損傷し、一度損傷すると二度と元には戻りません

クーパー靭帯という支えを失ってしまったバスト(脂肪)は徐々に垂れさがっていくのです。また、バストを支えている「胸筋」も、筋肉ですから加齢による衰えを免れません。

その結果、バストは垂れ下がり、老けたような印象になっていくのです

授乳~卒乳や急激な体型変化

授乳~卒乳による変化や急激な体重の増減もバストを垂れさせる原因となります。

バストは妊娠を機に大きく成長します

これは乳児の栄養素となる母乳を与えるためです。

乳腺は大きく成長し、母乳を与えるのに適当なバストへと変化していきます。

この変化は、女性ホルモンによるものです。

そして出産~授乳を終えて卒乳を迎えると、女性の体はまた元に戻ろうとします。

子どもに母乳を与えるために成長したバストは元のサイズに戻っていくのです。

しかし、バストの成長に伴い伸びた皮ふは元の状態に戻らないことがあります

その結果として、ハリ・弾力を失ったバストになることが多いといえます。

さらに、妊娠~出産~授乳~卒乳を経験しなくても、同じような変化が起こる場合があります。

それが、急激なダイエットをした場合です。

急激なダイエットでバストの脂肪を落としてしまうと、皮ふはその変化についていけなくなります。

バストのハリ・弾力を保つものの1つが「脂肪」であるため、脂肪を失ったバストはハリ・弾力を失い、「皮ふのあまり」を出してしまうのです。

しかし、バストのサイズをそのままに維持し、ウエストの肉だけを落とすようなダイエットは基本的にはありません。

たしかに一部分だけを強化する運動などもありますが、「バストサイズをまったく落とさないでダイエットをすること」は基本的にはできないのです。

ですから、急激なダイエットは避け、生活習慣や食習慣を見直し、長期的な計画でダイエットしていく必要があるのです

根本的にハリ・弾力を出すための方法とは?

何をもって「ハリ・弾力のあるバスト」「ハリを出す」というかは人によって解釈が異なります。

バストケア用のクリームで保湿することでハリを与えることはできます。クリームはバストを保護する意味でも非常に有用です。

ただ、「今以上のハリ・弾力を確実に手に入れたい」「ハリ・弾力がアップしたことをすぐに実感したい」ということであれば、選ぶべき手段は限られてきます。

確実に、すぐに、そして実感できるほどはっきりとハリ・弾力を出せる方法としては「美容外科手術」しかないでしょう。

美容外科手術を行えば、バストは確実にハリ・弾力を得ることができます。

この「ハリ・弾力を出す美容外科手術」は、「豊胸手術」とも密接な関わりがあります。

豊胸手術は下記の3つに分けられます。

  • ヒアルロン酸注入
  • バッグ挿入
  • 脂肪注入

このなかでも、ヒアルロン酸注入による豊胸手術は、バストのハリや弾力を出すための手術としてよくピックアップされます。

これはバストにヒアルロン酸を注入してバストアップをはかる方法であり、メスを利用しないため「プチ整形」や「プチ豊胸」と呼ばれることもあります。

この方法は胸の中に物理的にヒアルロン酸を入れるため、確実にハリ・弾力もよみがえります。

傷跡が残らないこと、施術費用が比較的安価であることから、ハリ・弾力を出すことを目的として受ける美容外科手術の入門の選択肢ともいえそうです。

ただ、ヒアルロン酸注入による「ハリ・弾力の補強」には永続性はありません。

ヒアルロン酸はいずれ体内に吸収されるからです。

バッグ挿入による豊胸手術は、もっとも効率よくバストサイズをアップさせられる方法として注目されています。

かつては挿入したバッグが破れたりで事故が起きる危険性が指摘されていましたが、現在ではより安全なバッグの開発とより安全な挿入方法が研究され、安全性の高い豊胸手術となりました。

バッグはシリコンで作られていることが多く、それ自体がハリ・弾力を持っていますから、これを挿入したバストは当然たしかなハリ・弾力を持つようになります。

もっとも、シリコンバッグは「異物」ではあります。

そのため触ったときに違和感を覚える可能性はゼロではありません

バストの脂肪だけを保ち続けたまま特定の部位の脂肪のみを落とすことはできない、としましたが、脂肪注入による豊胸手術ならば、これも可能です。

脂肪注入の豊胸手術は、自分の体(主にお腹やお尻など)から吸引した脂肪を、バスト部分に入れていくというかたちで胸を大きくします。

このため「部分やせ」と「バストアップ」を両立させられるのです。

また、シリコンバッグと脂肪注入を合わせた方法もあります。

この場合シリコンバッグでハリ・弾力を得ることができるうえ、脂肪注入で自然な手触りを作ることができます。

ホームケアも意味がある

だれでも「確実に即効性がある方法」でバストにハリ・弾力を出そうとするのであれば、美容外科手術に頼ることになります。

しかし、ホームケアでもバストのハリ・弾力に働きかけることはできます

前述したようにハリを与えるクリームはたくさん販売されていますからまずはこれを使ってみるとよいでしょう。

また、直接的にハリ・弾力を与えられるような対策ではありませんが、バストからハリ・弾力が失われるのを予防することはできます

クーパー靭帯の損傷や老化がバストのハリ・弾力を失う原因となっているわけですから、これを予防すればよいわけです。

クーパー靭帯を支えるために、必ず用途にあったブラジャーを用意しましょう

昼間は昼間用の、夜は眠るとき用の、スポーツをするときは運動用のブラジャーを用意する必要があります。

さらに自分のバストに合わないサイズのブラジャーは逆効果となりますから、自分のバストサイズに合ったブラジャーを身に着けることも重要です。

また、紫外線は肌の老化を進める要因となります。海などに行くときは必ず日焼け止めを使ってください。

ストレスフルな日常を送る人も老化しやすいといわれていますので、ストレスの解消に努めましょう。

そして、睡眠も重要です。人は眠っているときに成長ホルモンをよく出します。肉体の修復や回復も睡眠中に行われるため、良質な睡眠を確保することも重要です

バストのハリ・弾力は、加齢とともに衰えていきます。これを完全にシャットアウトすることはできません。

しかしホームケアによってその速度を遅らせることはできます。

美容外科手術を検討する前に、ホームケアを導入してみてはいかがでしょうか?

   

関連記事

Radianne特別企画

連載