メニュー
ブラジャーの代替サイズと身体に合わない原因ついて

試着をしてブラジャーを買ったけど、何回か使っているうちにカップちょうど良いけどなんだかアンダーサイズがきつく感じる、でも久しぶりに見つけた可愛いデザインのブラだから着けられないけど捨てられない。というブラジャーを持っていませんか?

そんなかわいそうな使われないブラジャーたちを増やさないために、CカップからDカップにバストアップしたと勘違いしてサイズ選びに失敗した私の話をしようと思います。

photo credit: Cedpics 3vs1 via photopin (license)

合わないブラジャーの運命

まずは試着、普段はC70ぐらいのブラジャーを着けることが多いのでC70のブラジャーを持って試着室に入りました。いざ試着してみるとカップサイズは良かったものの一番奥のホックで留めてもアンダーが少しだけ緩く感じたので、店員さんに相談、次にD65のブラジャーを案内してもらいました。

今度はカップもぴったり、アンダーは一番外の位置でホックを留めるとしっかりフィットしている感覚がありました。気に入ったデザインを見つけたから試着をしましたので、迷わずこのD65のブラジャーを購入。

こうして手元にやってきたD65のブラジャーが、実際に着用しているときつく感じるのです。そして数度の着用でタンスの奥に、、、。このブラジャーが曲者で、デザインが気に入っているだけにしばらくの間捨てられず、タンスの中で目にするたびに、着けられないけど捨てられないというモヤモヤとした気持ちを感じさせられました。

しかしこのモヤモヤはどこにもぶつけられません。それもそのはず、試着して納得し購入していますので、サイズの相談にのってくれた店員さんは悪くありません。だからといってC70のブラでは緩かったはず。結局、このブラは引越しの際の荷物整理で泣く泣く捨ててしまいました。

試着するブラジャーのサイズの決め方

カップ \ アンダー6570758085
AAカップ(約7.5cm)AA65AA70AA75AA80AA85
Aカップ(約10.0cm)A65A70A75A80A85
Bカップ(約12.5cm)B65B70B75B80B85
Cカップ(約15.0cm)C65C70C75C80C85
Dカップ(約17.5cm)D65D70D75D80D85
Eカップ(約20.0cm)E65E70E75E80E85
Fカップ(約22.5cm)F65F70F75F80F85
Gカップ(約25.0cm)G65G70G75G80G85
Hカップ(約27.5cm)H65H70H75H80H85
Iカップ(約30.0cm)I65I70I75I80I85

上記の表のように、カップサイズはバストのトップサイズからアンダーサイズを引いた差が何cmかで決まり、Bカップであれば12.5cm、Cカップでは15cm、Dカップは17.5cmというふうに2.5cm刻みでアルファベットが変わっていきます。

私の場合バストをメジャーで測ってみるとトップは86cm、アンダーは71cm、その差は15cmですので、Cカップです。アンダーは71cmですので、私のサイズはC70になります。 同じCカップでも、C65であればトップは80cm、C75であればトップは90cmです。このようにバストの大きさだけに注目してC80とC65を比べると、同じCカップでもアンダー65の女性の方がバスト自体は小さいんですね!

そして、バストに合うようにブラジャーは作られていますので、C80のブラジャーよりもC65の方がカップの容量も小さく作られています。ですから私のようにカップの大きさは変えずにアンダーだけを小さくしたい場合、C70からC65にするとバストが収められなくなりますので、次に試すべきサイズはカップの容量が同じD65になります。

ブラジャーの代替サイズについて

私がC70の次にD65を試したように、カップの容量が同じブラジャーはサイズ表記が違っていてもフィットする可能性があるんです。バストサイズがB70の場合にはC65が、D70の場合にはE65がフィットすることがあります。

このように、ブラジャーには本来のバストサイズの替わりになれるような、代替サイズがあるんです。

代替サイズ
Aカップ AA75 ↔  A70 ↔ B65
Bカップ A75 ↔ B70 ↔ C65
Cカップ B75 ↔ C70 ↔ D65
Dカップ C75 ↔ D70 ↔ E65
Eカップ D75 ↔ E70 ↔ F65
Fカップ E75 ↔ F70 ↔ G65

上の表のように、横に並んでいるサイズのカップの容量はほぼ同じになっていますので、いつものサイズ表記じゃなくても着けることは可能です。表はアンダー70を基準にしていますが、自分のサイズの隣にあるサイズは代替サイズになる可能性があります。

ただし、B75とD65は同じ段にありカップの容量は同じものの、アンダーに大きな差がありますのでB75の替わりとしてD65は着けられないでしょう。B75の代替サイズを探す場合には、A80とC70が候補になります。

私はトップは86cm、アンダーは71cm、その差は15cmですので上から二段目の真ん中にある「C70」が自分のサイズですが、ブラジャーにはホックを留める位置が複数ありますので、その位置を調整することでB75とD65が着けられそうです。

つまり、C70でアンダーだけが緩く感じた私にD65のブラを持ってきてくれた店員さんは何も間違っていなかったのですね!おしゃべりな私の世間話に笑顔で付き合ってくれた店員さんの接客は120点でした。

ブラジャーが合わない原因

結局私はD65を購入しましたが、ブラの締め受けが好きなはずなのにキツく感じ、着けられないのに捨てられないモヤモヤとした気持ちを抱く羽目になってしまいます。店員さんの対応は120点で押し売りでもありませんでしたので、D65を買う決断をしたのは私です。

私に原因があるため、モヤモヤはどこにもぶつけられません。しかし、このモヤモヤと代替サイズについて冷静に考えてみると「試着をしたのになんでキツく感じてくるの?」という疑問の答えが見えてきました。

普段C70の女性が選べる代替サイズはB75とD65です。そしてC70のブラを緩く感じた私には、次にD65が候補になります。あの時D65のブラを手に取った私は、カップがCからDに上がってグラマーになった高揚感と、アンダーが70から65に下がりダイエットが成功してスレンダーになったという達成感を身に覚えたのでしょう。

高揚感と達成感が原因で、脳がD65を選ぶという決断を下したのです。私の体は何も変わっていないのに、スタイルが良くなった自分を想像してしまったのです。

あくまでも私の場合に限った話ですが、見栄を張ってしまったことが原因でカップが大きくアンダーが小さいブラを買ってしまったのかもしれません。 当時はそこまで深く考えてはいませんでしたが、「Dカップ」には少し憧れがあります。誰もが羨むEカップとまではいかないものの、グラマーとスレンダーを両立させた「Dカップ」という甘い響きに惑わされてしまったのでしょう。

寝るときはブラを外す?つけたまま?

ところで、寝るときもブラを着ける派の女性はブラの締め付けがないと落ち着かないということはありませんか?私は寝るときもブラを着ける派なのですが、ブラの締め付けによってバストが守られているように感じます。ブラの支えがないと物足りないのです。そしてあの時の私はC70のブラジャーに物足りなさを感じていました。

どの程度の締め付けが心地よく感じるかは人それぞれですので、私と同じバストサイズの女性でいつもD65を選んでいる女性も多くいるはずです。寝るときもブラをする派の私は、おそらく他の女性よりもキツめのブラが好きなのでしょう。

逆に寝るときは絶対ブラを外す派の女性は、ブラの締め付けから解放されないとリラックスできない体質ではありませんか?私はD65を選んでしまいましたが、締め付け感が嫌いな方は、C70を選んだり、B75を選んでいたのではないでしょうか。

試着はしっかり冷静に

試着室が混んでいたり店員さんが待っていると、急がなきゃ!と思うかもしれませんが、パパッと終わらせたのでは試着の意味がありません。ブラジャーのサイズを決める時には、冷静な気持ちで試着し、しっかり確認する必要があるでしょう。

両手を上に伸ばしたり肩を回したり、かがんだり体をひねったり、そのブラで自分がどう感じるかをしっかり確認しましょう。

試着をすぐに済ませたく思っている時に限って「Dカップ」というただのアルファベットに惑わされるかもしれません。私の場合は「D65」なんてただの文字だと冷静に理解すること必要でした。女性の体は千差万別ですので、どんな衣類よりも豊富なサイズがブラジャーには用意されています。

その膨大な数のブラジャーから、自分に合った1枚を探し出すための目安がサイズ表記なのです。あなたのブラがどんなサイズ表記でもそこに優劣は無く、一番大切なのは自分の身体に合ったブラを着けることです。

いつまでも綺麗なバストをキープするためには自分に合ったサイズのブラを着用する必要があります。必要以上にキツイ締め付けのブラを勿体無いからといって続けていると、肌と擦れてその部分が黒ずんだりするかもしれませんよ!

私のみたいにぶつけられないモヤモヤを抱えないように、ブラジャーのサイズは冷静に選び、しっかり試着してから買いましょう。

タンスの肥やしブラの救世主・延長ホック

ちなみに、私はアンダーサイズだけが少しきつく感じるブラに延長ホックを取り付けて着用しています。

延長ホックとは、ブラジャーのホック部分に取り付けてアンダーサイズだけを1〜4cmほど長くできるアジャスターのことです。最近ではブラックやベージュの延長ホックが100円均一で売っていますので、見たことある方も多いかもしれませんね。

すでにタンスの肥やしになっていて捨てられないブラを持っている場合は、延長ホックでアンダーサイズだけを伸ばしてしまいましょう。

タンスの奥で眠っているかわいいデザインのブラだってまだまだ活躍できるはずですよ!

参考:ブラジャーがキツいときは延長ホックの出番です!

   

関連記事

Radianne特別企画

連載